リズミカルな模様

 

17世紀初頭のインドで生まれたペイズリー模様は

一本の揺らぐ花を模様にしたのが始まり

 

時の流れとともに、花の柄が増え

葉を茂らせ、密集した花がしずくの形になっていき・・・

とペイズリー模様は様々と変化しながら世界に広がったそう

 

なんとも美しい幾何学模様は

純粋な人間の衝動や思いだったり

生命の表現だったりが神秘的な形を生み出して

きたのかもしれない

 

GOHEMPはその幾何学を全面に落とし

着心地にもこだわっている

引き込まれてしまう魅力がいっぱい!!