青と白と


見知らぬ場所へ
地図とコンパスをもって
歩いていく

強い風が吹き付けたり
息が荒くなるほどの道のりがあったり
苦しい時もあるかもしれない

けど、それを忘れさせてくれるような事が
起こるのが、旅の魅力

真っ白でなにもみえなかったのに
急に風が止んで、太陽の光がさし込み
絵に描いたような美しさが目に入ってくる。

出会う人に助けられたり、共に喜びあったり

その一瞬はかけがえのないもの。

それは、日々の暮らしの中でもおなじ 

どんな場所にいても
感動がたくさんある

美しい景色はきっと自分の中に
あるのかもしれない

そんな事を感じた日